毎日良い記事。親彼らのサポートのためには、私の動機です
毎日良い記事。親彼らのサポートのためには、私の動機です

あなたから柔軟剤の香りする
  • 2013.09.17 13:00 (Tue)

う事で如何でしょうかな? 失礼ですが皆様の武具、一応それなりではございますが相当に痛んでいるご様子。それで荒野に出るのは自殺行為でございますよ」

「……武具だけ新調しても安心出来るかしら」

「では。トア殿たちに同行してもらえば良いではないですか。澪様からのご依頼なら断られることは無いでしょうから」

「なるほど。あの者たちと一緒なら日帰りの範囲ならそれほど心配はありませんね。ベレン、妙案ではありませんか」

「恐れ入ります。それで。皆様は如何ですか?」時計 男性

カウンター内の意見はまとまり、響たちに回答を求めるドワーフの職人。

「三日、か。その日取りは短縮出来ないのか?」

「これから採寸をして仕上げまでですので。手入れに出すのとは話が違います。三日というのはどこの職人に話を持っていっても有り得ない程に短い期間かと」

ベルダの質問に、職人たるベレンは丁寧に答える。内心では鍛冶に理解の無い騎士に呆れていたが。

「同行するという冒険者が信用できるという保証は?」

魔術師であるウーディは、同行する存在が信用に足るかを気にした。雇った冒険者が裏切るなど、有り得ない話ではない。危険な場所での裏切りは全滅さえ引き起こす。

「トア殿というのはこのツィーゲの筆頭冒険者です。顔も売れていますし無体な事をする人ではありませんよ。パーティの平均レベルも四百五十を超えていて、そろそろ一流と言って良い実力を備えています」

「四百五十!?」

「それに澪様が信頼する冒険者の方ですから。どうしても信頼できないと言われれば、その時は別の手段を考えなくてはいけませんな」

「っ!?」

ウーディがベレンの放つ殺気混じりの一瞬の視線に震える。よからぬ手段も辞さないという意図を感じた。たかが料理の話をどうので危険を感じるのはあまりにも割が合わない。

肯定とも取れる頷きを残してウーディは後に下がった。

「響、どうしますの? こちらの提案は貴女達に有益だと思うけれど?」

「……よろしく、お願いします」

「良かった! ならすぐに採寸と調査を始めましょう。ベレン、急ぎなさい。最初は響からね? それからトアに連絡をして……」

「皆様、こちらにどうぞ」

澪とベレンに迎えられて奥へと消えていく響達。

リミアの勇者は辺境で再始動を始めた。時計 ブランド ランキング

数ヶ月という時間がこれほどに短く感じた事は響の人生で初めてのことだった。

今ではベレンたちエルダードワーフの作った武器の性能に驚いていたのが懐かしい。

紹介されたトアという冒険者パーティから、冒険者特有の判断力や考え方を学んだ。パーティのリーダーを務めていたトアはスピードを武器にするタイプでありながら響とは違い虚を突くのを得意とし、響との手合わせでも良い勝負を演じた。響を同業者だと思っているトアは切り札や奥の手を見せる事は終に無く、実戦で出会えばどのようになるのか。少なくとも対峙したくは無い、と響は考えていた。

この間、響のレベルは然程に上がってはいない。しかし強さは明らかに上がっていた。

最初、仲間を失ったトラウマを引き摺ったままだった響はレベルが近いトアとの手合わせで見事に惨敗した。経験もあったが、人にここまで負かされたのは響には初めてのことだった。ちなみに、澪とも後に手合わせをしたが結果は響の惨敗。殆ど何もさせてもらえなかった。

一度などは、念の為にと展開していた襲撃者対策の結界を施した宿の部屋で休んでいた夜更け、結界を壊すでもなくすり抜けられ首根っこを掴まれて目を覚ました事もある。何事かと暴れた響だっ
http://www.watchsinsult.com

● COMMENTS ●

hi
that's nice posting.
補教界 http://103.xyz2015.info
hi
that's nice posting.
黃勝德 http://103.xyz2013.info
hello
it's nice posting.
陳光數學 http://xyz.gotodvd.tw
Is that true? Ill spread this information. Anyway, nice posting.
國文 http://102.xyz2019.info
毎日良い記事。親彼らのサポートのためには、私の動機です あなたから柔軟剤の香りする
rropvwfici http://www.g1s397354kl5zg771bdey60by3l2tv0rs.org/
[url=http://www.g1s397354kl5zg771bdey60by3l2tv0rs.org/]urropvwfici[/url]
<a href="http://www.g1s397354kl5zg771bdey60by3l2tv0rs.org/">arropvwfici</a>;
管理者にだけ表示を許可する

● TRACKBACKS ●

この記事のトラックバックURL:
http://okmqazwsxijn2.blog.petitmallblog.jp/tb.php/19-2d92cf8f

TOP

PROFILE

CALENDAR

« 2014.10 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

MONTHLY

ENTRIES

CATEGORIES

COMMENTS

TRACKBACKS

スティッカムホーム monolisをはじめてプレゼントをゲットしよう!キャンペーン コミュニケーションサイト「スマ恋」

Designed by Petitmall blog