毎日良い記事。親彼らのサポートのためには、私の動機です
毎日良い記事。親彼らのサポートのためには、私の動機です

選手選ぶ最優秀投手 ダル候補に
  • 2013.10.08 12:42 (Tue)

せやがる!」
「止むをえない措置です。あのまま手をこまねくわけにもいかず、他の方法をとるには時間が足りない可能性がありました。優先されるべきは我々の命ではなく、貴方様の命なのです」
「命に優劣なんざあるもんか!」casio 通販 オシアナス マンタ

 ミランダが梓の胸倉をつかみかかる。だが梓は抵抗するでもなく、半分体が宙に浮いた状態でミランダを見つめ返した。

「いいえ、あるのです。我々の命はそれこそ水鳥の羽毛より軽い。我々が死んでも大勢に影響はないでしょうが、貴方様は違うのです。そのことをもっと自覚していただきたい」
「まだ言うか!」
「ですが、貴方様がそういった方だからこそ、我々も報われる。ミランダ様のその言葉、嬉しゅうございます」

 梓のその言葉を聞いて、ミランダは力なく手を離した。もはやミランダが何を言ったところで、この日向という女の命運は変わるまい。そして口無し達が行うことも。その事実がミランダにも理解できるからこそ、そして口無し達が感情を持っているからこそ、どうにもできない自分がミランダは悔しかった。
 そのミランダの肩に手を置くアルフィリース。

「ミランダ、もし日向の死を無駄にしたくないなら、私達が今すべきことは確実に逃げ伸びることよ。ここを離れましょう」
「わかってる、わかってるんだけど! アタシはこういうのは苦手だよ」

 ミランダがうなだれる。少し一行を沈黙が包むが、その隙がいけなかった。ミランダの影から伸びる手に、いち早く気がついたのはリサ。

「ミランダ!」
「え?」
「逃がさぬ」

 手をエアリアルが打ち払い、弾かれた影が形を成す。エルリッチであった。

「ライフレス様の命により、貴方達を逃がすわけにはまいりませんな」
「でやがったな、骸骨め!」
「心配しないで、ミランダ。こんな奴なら私の魔術で――ぐうっ!?」

 アルフィリースが魔術を詠唱しようとした瞬間、低いうめき声が彼女から漏れる。そしてそのまま右腕を押さえ、うずくまるアルフィリース。

「アルフィ、どうした!」
「あう、ううう」casio edifice 価格 gps 時計

 ミランダがニアをエアリアルにあずけて駆けよれば、アルフィリースの右腕の呪印が奇妙な蠢きを見せ、広がり始めていた。以前は腕の全面といっても、密度は大したことはなかった。せいぜい腕に文字が彫ってあるな、という程度だったのである。だが今はアルフィリースの上腕は、元の肌の色が見えなくなりそうな勢いで呪印が侵食していた。

「これは一体?」
「腕が腕が痛いよ、ミランダ。あああああ!」

 アルフィリースが戦いの最中だというのに悲鳴を上げた。アルフィリースが普段の態度に似合わず我慢強いことをミランダは知っているので、これは余程一大事ということがすぐに分かった。ミランダは梓の方を凄まじい勢いで振り返り、これ以上ないほど真剣な思いで頼みごとをする。

「すまない梓。さっきはあんなこと言っておいてなんだが、逃げるために力を貸してくれるかい?」
「存分にご命令を。我々は命を惜しみません」
「なら、命令だ。私達を逃がしつつ、できるだけお前らも死ぬな。死ぬなら、アタシの元に帰ってきてから死んでくれ。勝手に死ぬのは許さない」
「努力しましょう」

 ミランダがアルフィリースを抱えあとずさる。もはやエルリッチが自分の恋人の仇などという考えは、彼女の頭から消えていた。そして梓と桔梗がエルリッチに対峙する。

「逃がすと思うのか?」
「いえ、逃がしてみせます」

 そうしてじりじりと間合を取る各自だが、ふとフェンナは大地の精霊がざわめいていることに気がついた。

「(このざわめき方は地震いえ、

blackest-watcheditorjp.com

● COMMENTS ●

管理者にだけ表示を許可する

● TRACKBACKS ●

この記事のトラックバックURL:
http://okmqazwsxijn2.blog.petitmallblog.jp/tb.php/31-07c8436a

TOP

PROFILE

CALENDAR

« 2014.04 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

MONTHLY

ENTRIES

CATEGORIES

COMMENTS

TRACKBACKS

コミュニケーションサイト「スマ恋」

Designed by Petitmall blog